2009年02月01日

秋田豊引退試合

今日、秋田豊(現京都コーチ)の引退試合、鹿島vs磐田がカシマスタジアムで行われたようです。

その試合のジュビロのメンバーが泣けます。

http://www.so-net.ne.jp/antlers/tools/sokuhou/game/live_s_players.html

中盤は私の最も好きな名波(背番号は7!!)に、俊哉、福西、前は高原とゴン、DFには山西や大岩(鹿島に入らなかったんだ! きっと、今日も半袖だったことでしょう)……。

昨シーズンで引退をしたプレーヤーだらけですね。
今となってはもう奇跡のメンバー構成です。
涙がちょちょぎれます。


それはそうと、今、この本を読んでいます。
この本も涙がちょちょぎれます。
Mr.Childrenの桜井和寿、俊哉、山口素弘との対談もあって、must buyです。
posted by T.Futamura at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月28日

何度も見てるものでも、発見がある

NHKの天気予報は、このブログをお読みいただいている方でも、
毎日のようにご覧になっていることでしょう。

その画面で、実はひとつ気になることがあります。

全国の天気と気温(最低・最高)が表示されるときの、
「あす」という文字が、丸文字のような書体なんです。
他の文字はいたってオーソドックスな書体が使われているのに、
「あす」という文字だけ、どうしてNHKらしからぬ(?)
丸文字書体なのか、密かに気になっています。

http://www3.nhk.or.jp/weather/


これまでに、何度も繰り返し目にしているものでも、
少し気にしてみると、新しい発見がありますね。
どうでもいいことなんですが、新しい発見があると楽しいですし、
いろいろなものを好奇心を持って見る習慣にしていると、
仕事にも結構役立つことがあります。


posted by T.Futamura at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月25日

CS4を買ってわかったこと

昨年12月に発売になった、アドビのCreative Suite4(CS4)のWeb Standardを購入しました。Webサイト制作ではデファクトスタンダードとも言えるソフトです。

木曜日に届いたソフトを昨日、インストールし、すぐにオンラインでユーザー登録も行いました。

そこで、少しおもしろいことが起きました。

オンラインでユーザー登録をすると、40分ほど(即座に届くのではなく、40分という微妙な時間)が経過してから「ユーザー登録のお礼」というメールが届いたのですが、そのメールのなかで記されている私の名前が間違っているのです。

私の名前は「建也」が正しく、よく「達也」と間違えられるのですが、そのメールでも「二村達也様」と間違った名前になっていたのです。

オンラインのユーザー登録で私が間違えて入力したかと思い、確認したところ、正しく登録されています(自分の名前を間違えて入力したかも、と自信をもてない38歳←情けない!)。

ということは、私がオンラインで登録したユーザー情報を見て、どこかで誰かがわざわざ入力してメールを送信しているということです。

アドビのような世界的なソフトウェア会社でも、登録されたユーザー情報をメールに入力するのを自動化せず(できず?)、わざわざ人を介していることが意外というか驚きでした。

ちなみに、CS4はまだあまり使っていませんが、なかなか便利そうな機能が強化されています。
posted by T.Futamura at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月18日

<読書記録>三木谷浩史『成功のコンセプト』

知人が2008年に読んだ本でトップ1としてすすめてくれたので、読んでみました。

実は私、以前より、楽天のことも、三木谷社長のことも、あまり好きではありません。ネット通販をやりたい、などと中小企業の経営者の方から相談をいただくことはよくありますが、楽天について私は否定的です。

で、この本のことですが、すすめてくれた知人には申し訳ないのですが、読んでもこれと言った収穫はありませんでした(1.01の365乗が37を超えることが書いてある30ページあたりと、失敗を積極的失敗と消極的失敗があると書いてある126ページあたり以外。←なんかゴーストライターさんのネタっぽいけど)。

posted by T.Futamura at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月17日

<読書記録>中島聡『おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由』

何気なく手に取った新書なのですが、読んでみると予想外の収穫になりました。

「ユーザー・エクスペリエンス」を「おもてなし」と訳せる発想が、これからのwebビジネスには求められていくんだろうなぁ、と感じました。まずは立ち読みでいいので第1章だけでも、読む価値ありす。




posted by T.Futamura at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月16日

ネットとマスメディアの論調のちがい

「100年に一度」といわれるこの不況下で、この年末年始はテレビ・新聞など既存のマスメディアでは、さかんに「派遣切り」を取り上げていました。

仕事も住む場所も失った方はインタビューに対し、声高に政府や行政の責任を訴えていたりしました。

そういうニュース・記事に接するたびに、私はちょっとした違和感を感じています。

契約期間を満了せずに契約を打ち切られた方たちに対して、確かに気の毒だな、とは感じますが、そもそも派遣という立場で働くということは、いつまでも雇用が保証されているわけではないことを承知しているはずです。それに、派遣として働いている間に、自身のスキルを磨くことや資格を取ることをなぜしなかったのか、とも思います。

日本経団連の新年賀詞交換会の会場ホテルに、仕事を失った方たちが乗り込み、大企業の経営者との面会を求めたというニュースもありましたね。あれは、いくらなんでも、調子に乗り過ぎでしょう。

今回の派遣切り問題は既存マスメディアでは、表立って、派遣切りにあった方々を批判することはないようです。
しかし、私の知る限り、ネットでの意見はかなり異なり、派遣切りにあった方々に対して、かなり批判的です。

既存マスメディアとネットでの論調のちがいは、数年前にも同じようなことがありました。日本の民間人(確か、自称ジャーナリストというような方々)が外務省が渡航禁止にしていた紛争地域に入り、誘拐されたあの事件のときです。誘拐された方々の家族は、当時の小泉総理に面会を申し入れ、外務省の対応が遅いことなどをさかんに記者会見しては批判していた記憶があります。

あの時も、既存マスメディアは家族と面談しようとしない小泉総理に対し批判的な論調であったのに対し、ネットでの論調はまったくちがいました。「外務省が行くなと言っている地域に勝手に行き、それで誘拐されたからといって、外務省や総理を批判するのはおかしい」というものでした。

ネットはネットでさまざまな問題を抱えていることも事実ですが、既存マスメディアも大きな問題を抱えているなぁ、とあらためて感じています。



posted by T.Futamura at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月13日

<読書記録>ウジトモコ『視覚マーケティングのススメ』

デザインがマーケティングにいかに効果をもたらすか、ということが書いてあります。内容は悪くありません。共感できることも多く、また、日々の業務に使える内容もあります(理論がやや多く、具体論が少ない気はしますが)。

ただ、デザインのことを論じている本のわりには、装丁が普通すぎる、というか、パッとしないというか……。そこだけが少し残念かな。


posted by T.Futamura at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月11日

<読書記録>大久保一彦『繁盛力 女性リピーターが収益を運び込む!』

うん、うんうん、と何度もうなづきながら読みました。

女性を中心ターゲットにしているのに、女性型(的)思考で考えられていないお店って少なくないんですよ。

私のお客様にも強力におすすめしたい本です。


posted by T.Futamura at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月05日

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
本年もオプトヴァンガードをよろしくお願いいたします。


ひと月近くも、ブログの更新が滞ってしまいました。
どうしても12月はバタバタしてしまいます。申し訳ないです。
毎日更新するまではしませんが、今年はもう少し更新しようと思っています。


新しい1年が、皆様にとって素晴らしい1年となりますように。


posted by T.Futamura at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月07日

<読書記録>富田英太『お金をかけずに繁盛店に変える本』

かなり充実した内容です。

内容がもりだくさんなだけに、
書いてあるすべてのことに賛同できるわけではありませんが、
お店の経営者や店長には役に立つこと請け合いです。

即効性を求めるのなら別の本をお買い求めください。



posted by T.Futamura at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月29日

肉離れ……か?

実は、一昨日から左足ふくらはぎ裏側が痛みだし、日ごと、痛みが増しています。

一体、この痛みは何なんでしょう。

私は肉離れ経験なしの人間なんですが、この痛みは肉離れの痛みなのかと今日になって思うようになりました。

特にこれといった原因は思い当たらないのですが……。

歩く時は少し左足をかばってやればいいのですが、
階段はきびしいです。

そんな状態でも、今日もバスと地下鉄を乗り継いで、しっかりお客様のもとへ行ってきました。

明日一日は自宅でおとなしくしていようと思います。

posted by T.Futamura at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月28日

<読書記録>橋本和恵『即効トークで3倍速く売るプロの販売』

通勤立ち読み『ブックラリー2.0』というポッドキャスティング番組で興味を持った本。

長年、いわゆるマネキンさん、というかプロの販売員さんとして全国各地の店頭であらゆるものを売ってきた方の売るためのチエがぎっしり詰まっています。

体系化できていないところが若干のマイナスポイントですが、販売員さんじゃなくても、いろいろな仕事に使えるヒントが惜しみなく紹介されています。

posted by T.Futamura at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月22日

創業希望者の方に私が必ずアドバイスすること

3連休の初日、知人から紹介された創業希望者が車で2時間かけて、うちの近くまで来てくださいました。お疲れさまでした。

その方が計画しているビジネスプランをじっくりお聞きし、大局的なところから小局的なところまで、いろいろとアドバイスをさせていただきました。

私が創業希望者の方に必ずアドバイスするのは、創業準備のできるだけ早い段階で、いろいろな人に自分のビジネスプランを聞いてもらうことです。聞いてもらう人数で、私が目安にしているのは、投資額(万円)÷10です。具体的には300万の投資額なら30人、1000万円なら100人になります。

それだけの人数に自分のビジネスプランを話すことで、そのビジネスプランをブラッシュアップできますし、協力者を紹介してもらえることもあります。創業に向けて、1人が10万円の価値を生むと言っても過言ではありません。特に、その何人かのなかには、しっかりした中小企業診断士、それにしっかりした公的中小企業支援機関の方を入れるようにしておくことを強くおすすめします。

今日お聞きしたのは、ひねりをきかせた、なかなかおもしろいビジネスモデルで、うまく伸びていけるのではないかと感じました(具体的なビジネスモデルは守秘義務があるので、書けません)

来年4月の創業を目指して、進んでいってください、Nさん。




posted by T.Futamura at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月18日

<読書記録>山岸二郎『ペンだけで30日後に行列をつくるすごい裏ワザ』

モノがなかなか売れない時代です。

当然といえば当然です、もうモノ不足の時代ではないのですから。

そんなモノが売れない時代、モノを売ろうとして、
つい安易に広告チラシに頼ったり、
価格を下げたりしては自ら首を絞めることになりかねません。

売るための工夫って、まだまだ他にもありますよね。
そうした売る工夫のヒントが見つかる(かもしれない)本です。

ビジネスで「売れないなぁ」とため息をつくくらいなら、
この本を買って読んでみましょうよ。




posted by T.Futamura at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月17日

ほっとした

数日前の話になってしまいますが、

名波浩選手(ジュビロ磐田)の現役引退が正式に発表され、
本人の記者会見もありました(記者会見のときのネクタイがジュビロカラーだったことに誰か気づいてくれたかな?)。

10/25のブログにも書いたとおり、
http://opt-v.sblo.jp/article/21848166.html
私は名波浩選手がプレイするサッカーに人生観・仕事観すら変えられてしまっていますので、
引退発表はやはり寂しいです。

でも、ほっとしたというのも正直なところ。
それに、記者会見の晴れ晴れとした表情を見ていても、十分にやりきった満足感を感じましたしね。



引退後、当面は解説とかをして、将来は「ジュビロの」監督を目指すそうです。

これからも私は、名波浩「氏」を応援していきます。

名波浩「選手」の壁紙、ジュビロのサイトで期間限定でダウンロード可です。Don't Miss it!!
http://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=520



posted by T.Futamura at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月10日

早くも年末モード

名古屋駅前のイルミネーションも始まったようです。

早いもので、年末モードに突入といった感じですね。

かくいう私も年末モードです。年内のスケジュールがどんどん埋まり、土日祝日だろうと、早朝・深夜だろうと関係なく走り回ります。

こんなとき、一番気をつけなくちゃいけないのが、自分の身体のこと。
私の場合、少しでも体調が優れないと、即、仕事にも悪影響が出てしまうタイプなので、なおのこと気をつけないとなりません。

名古屋駅前のイルミネーションも始まったようですが、手帳を見る限り、ゆっくり眺めることはできなさそうな感じです。

皆さま、体調を崩さぬよう、そして、心のゆとりを失わぬよう、この年末を乗りこえていきましょう。


posted by T.Futamura at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月26日

運用スタンス、まったく変えていません

このところのマーケットの荒れ具合はすさまじいものがあります。
多分、今週のマーケットも1日で、為替が5円も6円も動いたり、日経平均が500円くらい動いたりすることが続くのでしょう。
本当に、ジェットコースターに乗っているような感覚です。


ここ2〜3週間で、何人かの方から電話やメール、さらにはわざわざお越しいただいて、私の運用スタンスなどを質問いただきました。

結論を申し上げると、この状況でも、私は運用スタンスはまったく変えていません。運用資産をあわてて現金化することもしていませんし、ここぞとばかりに大きな買いを入れることもしていません。もともとの計画どおりに定期的に少しずつ運用資産を増やしています。
このスタンスは今後も20年くらいは変えるつもりはありません。

・投資対象の分散
・投資タイミングの分散
・投資コストの削減

私の投資スタンスはこの3原則だけ、と言っても過言ではありません。

しばらくはジェットコースター相場が続くのかもしれませんし、早々に安定するのかもしれません。私の相場観はとにかく当たりませんが、少なくとも、長期的な視点での運用を心がけられるとよろしいかとは思います。
posted by T.Futamura at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月25日

名波浩選手を見るため(だけ)に豊田スタジアムへ

私にとってのヒーローの一人、ジュビロ磐田の名波浩を見るためだけに豊田スタジアムへ行ってきました。

スタメンには入りませんでしたが、後半30分に投入されてからは名波らしいプレーを見せてくれました。

今期いっぱいで引退を公言しているので、もう名波のユニフォーム姿を見られる機会はあまり残っていません。

私は長い間、名波を応援し続け、名波のプレーや言葉に勇気づけられてきました。そんないろいろな想いを抱きながら、今日の名波のプレーをしっかり目に焼き付けてきました。

帰りの豊田線の車中で考えていました。名波がプレーするサッカーのような仕事を、私は私の仕事でしていきたいなぁと。

IMG_1716.JPG
posted by T.Futamura at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月11日

私の人生は調子がいい

道を歩いていると、やたらと人に道を尋ねられることは、以前にもブログで書いたことです。

先日読んだ『明日から「仕事ができる」と言われる 新・目標達成法』のなかで、著者の小宮一慶さん(最近、ビジネス書でヒットを連発していますね)が、次のようなことを書いていました。

人に道を尋ねられることがありますか?
私の人生が調子よいかどうかをチェックするバロメーターのひとつに、「人に道を尋ねられることがあるか」というものがあります。
(中略)
なぜ人生のバロメーターかというと、急いでいたり、怖い顔をしていたりするときには道を尋ねられないからです。
(中略)
(見知らぬ人から)一瞬で好意を持たれる、少なくとも警戒されないことが大切だと私は考えています、


なるほど、こう考えれば、人に道を尋ねられやすいのも悪くないな、と思えます(尋ねられた道を教えられないときは、悔しく感じますけどね)。




posted by T.Futamura at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月05日

仕事で失敗しない方法

Podcastingで「BBIQモーニングビジネススクール」という番組を聞いています。
そのなかで流れるパソコンのセキュリティソフトのCMで、次のようなものがあります。


 本日はパソコンの画期的なウイルス対策を発表します!

 それは、パソコンを使わないことです。ギャーハッハ。



確かに、パソコンを使わなければ、パソコンがウイルスに感染することはありません。CMとしては古典的かもしれませんが、まぁ、おもしろいと感じます。


このCMの感じで、仕事で失敗しない方法があるとするなら、仕事をしないこと、となります。笑い話としてはおもしろくても、実際に、仕事で失敗をしないために仕事をしない、なんてことはあってはいけないはずなんですが……結構、そういう場面に遭遇したりします。

皆さまの周りではそういうこと、ありませんか。





posted by T.Futamura at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記