2011年08月10日

キャプテンマークの受け渡し

キリンチャレンジカップ日本対韓国。

3-0で日本の勝利。
日本、いい動きでした。A代表に初招集の清武の2アシストが特にうれしいです。
韓国はパク・チソンが代表を引退して、攻撃の迫力がなくなったように感じました。


今日のゲーム、スタメンでキャプテンマークを巻いたのは、昨年のワールドカップのときからの長谷部でした。
後半20分、その長谷部が退くことで、キャプテンマークは遠藤に、
後半27分、今度は遠藤が家長と交代で、キャプテンマークは本田に受け渡されました。

私がサッカーのプレー以外で好きなのは、このキャプテンマークの受け渡しのシーン。

たいてい、キャプテンマークの重みも合わせて、渡す選手が受ける選手の腕に巻きます。

今日の1回目の受け渡しシーンはカメラが遠目にしか捉えていませんでしたが、2回目はばっちり。遠藤が本田の腕に巻いてあげていました!
きっとそのとき、選手たちは、「あとは頼んだ」なんて声をかけているのでしょう。


企業内でいうと、人事異動とか退職とかで、リーダーが交代するようなものかもしれません。


清々しく、かつ、美しいキャプテンマークの受け渡しをこれからも見たいものです。



posted by T.Futamura at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月07日

8月の課題

諸般の事情により今月の課題の書き出しが遅れました。


どうでもいいことですが、この「諸般の事情」という音の響き、
とても好きです。
ショハンノジジョウ
なんとも心地よい音。




さて、本題。8月の課題。
以前からの継続ものもあります。


(1)察知するスピードと精度を高める


(2)力を入れすぎない技法を探す


(3)"De"materialization of happiness を試す


(4)バランサーとしてのバリエーションを増やす


(5)受け手の好みに合わせたパスを出す




……自分にしか(自分にも?)わからない内容ですが、書き出さないよりはマシだと自分に言い聞かせています。


8月終了まで24日。














posted by T.Futamura at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月15日

大切なまとめ役

複数の講師で分担して、何回か続く講座やセミナーを開催することがあります。

私も、時には講師として、時には受講生として、そういう講座を目にします。

受講生として見ていると、複数の講師をまとめる役割の方がいる講座だと、講座全体のゴールセッティングやレベル合わせもできているし、講義内容にモレもダブリもなく(少なく)なります。

逆にまとめ役が不在だと、講義内容の一貫性がなくレベルもバラバラで、モレやダブリが目立ちます。受講する側としては講座の満足度は低下します。




まとめ役って大切な仕事なんです。







posted by T.Futamura at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月10日

セミナーを支えてくださる方たちに深く感謝する

本日、日本FP協会愛知支部の継続教育研修で話をしてきました。

「中小企業経営者・起業家に対するライフプランニングのポイント」という仰々しいテーマ。
私の持っているネタをフル活用の90分でした。


今日は午前も午後も、FP向けの講座と、一般向けの講座・相談会を並行して行うため、
愛知支部の役員の方を中心に大勢の委員の皆さんがさまざまなかたちで運営に携わっています。

私の知っている方も運営委員になっていました。聞くと、運営委員は無報酬なんだそうです。

事前の準備はもちろん、当日は早めに集まって、会場近くの路上で暑さに耐えながら案内をしたり、会場の設営や講師のアテンド(私も大変ていねいにアテンドしていただきました。深謝!)、資料の配布、片付け・撤収まで、無報酬でやっているんですね。
本当に頭が下がります。

今日に限らず、こういう講座・セミナーの運営は地味に大変なもの。
そういう地味な仕事で講座・セミナー運営を支えている方たちに、今後はもっともっと感謝しなくては……と感じました。



posted by T.Futamura at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月26日

目の前に一生懸命な人がいたら……

あるメルマガで、『五体不満足』の乙武さんの1歳半のお子さんが、
父である乙武さんがトイレに行くのを手伝うことが書かれていました。


お子さんが乙武さんのトイレを手伝うのは、
乙武さんに障害があるからというのが理由ではなく、
乙武さんの一生懸命な姿を見て、
手伝いたい、支えたいと思ったのではないか、というのです。


仮に、乙武さんに手足があって、一生懸命にならなくてもトイレに行けたら、
仮に、乙武さんにトイレに行くのに、一生懸命でなかったら、
お子さんは父のトイレを手伝おうとはしないのではないか、と。


乙武さんのお子さんだけでなく、
目の前に一生懸命な人がいたら、
力になりたいと感じるのはごくごく自然な心理だと思います。



posted by T.Futamura at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月19日

1年前の父の日の新聞広告「南アフリカの父へ」

今日は父の日。
1年前の父の日に、ある新聞広告が掲載されました。

1年前はワールドカップ南アフリカ大会の真っ最中です。
初戦のカメルーン戦に勝利し、第2戦のオランダ戦が行われる日の掲載です。

1年たった今読んでも、うるっときてしまうメッセージです。



南アフリカの父へ

お父さん、元気ですか。
ごはん、ちゃんと食べてますか? ちゃんと眠れてますか?
お父さんが岡田監督として難しい顔している姿、毎日テレビで見ています。
たいへんな時が続きますね。
私には想像もつかないようなプレッシャーと闘っているお父さん。
この間の試合の後、ますます厳しい顔をしているのを見て
お父さんらしいと思いました。
お父さんが誰よりも真剣にサッカーを考えていること。
サッカーを愛していること。
そして、覚悟を持って仕事をしていること。
私は知ってます。だから信じてます。
今日はいよいよオランダ戦ですね。
南アフリカのお父さんに 私たち家族ができることは少ないけれど
精一杯、応援しています。

いつもありがとう。
お父さんは、私の誇りです。

娘より




newspaperad.jpeg




posted by T.Futamura at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月11日

妹の誕生日に健康について考える

今日6月11日は妹の誕生日です。38歳。

妹は高校生のときにちょいとやっかいで、珍しい病気が判明して、それ以降、その病気とずっとつきあっています。
もう、妹の人生で、その病気とのつきあっている期間のほうが長いわけですね。


もう一人のきょうだいである姉も数年前に大きな病気になっていまして、親の心配は姉と妹に向かい、私は完全に忘れられた存在になりました(笑)。まぁ、私はというと、多少ガタがきていますが健康体ですので、親に感謝しなくてはなりません。


「男性は8の倍数の年齢、女性は7の倍数の年齢で身体に変化が訪れる」という養命酒(?)の宣伝が気になる今日この頃です。
……って私は今まさに8の倍数の年齢なんですけど。


posted by T.Futamura at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月10日

"De"materialization of happinessというフレーズが頭に浮かぶ

あの地震から明日で3ヶ月なんですね。

「もう3ヶ月」という感覚です

地震の前と後ではいろいろなことが変わりました。

物理的な変化はもちろん大きいのですが、愛知県で生活している私にはがれきの山を実際には目にしていないのであまり実感がないのも事実。
それで物理的な面よりも、むしろマインド面の変化を感じることが多いです。



先月のTEDxTokyoで枝廣淳子さんが言ってた"De"materialization of happiness(幸福の脱物質化とでも訳すのか?)というフレーズが、最近、何を考えるにしても頭に浮かんできます。





ビジネスの世界でも、価値観の変化が起きていて、しかもそれは一時的なものではなくて、というような話をよく聞きます。

この変化は大きな変化になるのでしょうね。



posted by T.Futamura at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月09日

某全国紙の記者の方の取材に立ち会う

お客様である中小企業が、某全国紙の取材を受けることになり、それに立ち会ってきました。

プレスリリースの内容、タイミングなどをいろいろと考えて実現したものです。ねらいどおりでした。

取材自体は1時間半ほどで無事に終了しました。記事にしてもらえる確約はなかったものの、おそらく来週か再来週くらいには載せてもらえると思います。

取材終了後、どうして取材してみようと思ったのかストレートに聞いてみました。

ここでは具体的な内容は伏せますが、プレスリリースのヒントをたくさん見つけられました。
忘れないうちに自分用の記録をしておきます。



posted by T.Futamura at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月05日

PDCAをまわすのなら人を巻き込むべし!

PDCAサイクル。マネジメントの基本ですね。

一人で事業を行っているある方がこの表を使ってこのPDCAをまわしています。
しかも、その表を毎週、私に送ってくれています。毎週です!

PDCAは長く続ける必要がありますね。
続けるために、私がおすすめしているのは人を巻き込むこと。

ダイエットでも仲間や報告する相手がいれば続けやすいはず。途中で挫折しそうになったとき、仲間や報告する相手の顔を思い浮かべて、なんとか続けようという気になりますもんね。

PDCAサイクルをまわすのも同じ。ひとりでコツコツやれる人はいいのですが、どんどん人を巻き込んだほうが効果が大きいと思います。

私は人を巻き込むのも得意ですが、人に巻き込まれる素質もあります。


posted by T.Futamura at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月01日

今月の3つの課題

月末の昨日、1ヶ月を振り返りました。

反省の多いひと月でした。

それを十分すぎるくらいに踏まえて、今月の課題を書き出してみました。


(1)(OnもOffも)力を入れすぎない技法を探索
サッカーにたとえると、ゴール前でどフリーなのに力を入れて蹴り、ふかしてしまうようなことがちょいちょいありまして、あえて力を抜く、というか力を入れすぎない技法が必要だと考えるようになりました。
これは数ヶ月かかりそうなので、まずはいろいろ探りはじめてみようと思っています。

(2)「足るを知る」の再確認
「足るを知る」はいろいろな意味で解釈されてもいるようですが、本来の意味ですね。あらためて「足るを知る」タイミングだと感じています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217453617


(3)"De"materialization of happiness を試す
先日のTEDxTokyoで枝廣淳子さんが示していた"De" generationのうちのひとつのトレンドから拝借。
この考え方を少しずつ試し始めます。

日本語 http://www.youtube.com/watch?v=iRvviYzBg0I&list=PL977B9CB686963FE3
英語 http://www.youtube.com/watch?v=y395J6W6i1E&list=PL93A035EB76EFE69C


新しい月の始まりの日の朝、こうして書き出してみるといい緊張感を維持できそうです。


posted by T.Futamura at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月28日

名古屋市の図書館にはこんな本もあるのか、と笑ってしまった件

もう絶版になってしまった本を読む必要がありまして、名古屋市の図書館に予約をしました(ネットで予約できてとても便利)。


我が家の近くの西図書館にそれを借りに行ったついでに、他にも数冊借りてきました。
で、その本を開くと以前に借りた方の返却期限票が挟まっていました。


返却期限票はレシートくらいの大きさで、借りた本の書名と返却期限が印字されています。借りた人の名前は出ませんが、利用者番号の一部は印字されます。
おそらく栞代わりに挟んでいたのだと思います。


その挟まっていた返却期限票に印字された6冊、これがなかなか衝撃的な6冊でした。
6冊の内訳はこんな感じです(書名は伏せます)。

1. デザートレシピ本
2. 「いい質問ですね」の池上さんの本
3. 育児本
4. 自己啓発本
5. いわゆる官能小説(その1)
6. いわゆる官能小説(その2)

どうでしょう?(笑)


名古屋市の図書館で官能小説を貸し出ししていたのですね。
残念ながら私は今日まで知りませんでした。今度借りてみたいと思います(そういえば出版社勤務時代に作家のK島誠さんが「H雑誌よりも官能小説のほうが興奮しますよ」と力説していたのを思い出しました。K島さんと奥さまのN宮さん、元気かなぁ?)。


それに、この6冊を借りたのがどんな方なのか興味が尽きません。
そもそも男性なのか女性なのかわかりません。
官能小説2冊とデザートレシピ本・育児本……。それに池上さんの本と自己啓発本……。
プロファイリング不能です。謎です。謎すぎます。


利用者番号の下4桁が3089で、昨年11月に鶴舞図書館で上の6冊を借りた方がこのブログを見ていたら、こっそり私に連絡をしてくださることを強く強く期待しています(笑)。






posted by T.Futamura at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月27日

フロー経営というのに興味がわいてくる

いつもより2時間以上早起きしてしまい、なぜかブログを書き出しています。


先週土曜日、TEDxTokyoというイベントが開催されました。
TEDとは"Ideas worth spreading"をスローガンにして、各界で活躍する方がユニークなスピーチをするイベントです。

スピーカーの一人が天外伺朗さんという、ソニーでコンパクトディスクやアイボの開発をしていた方でした。
スピーチのテーマは「フロー経営」。
キャッシュフロー経営なら知っていますが……。





フロー経営とは、管理主義経営の対極にあるもので、従業員を信頼し自主性に任せ、仕事に夢中にさせるのだそうです。
これだけですと、ちょっと怪しくうさん臭いのですが、それがどうもちがうのだそうです。

フロー経営の実践者としてスピーチで紹介されたのが岡田武史前日本代表監督。
直前の強化試合(ちょうど1年前の今頃ですね)で負けてばかりで、メディアからもサポーターからも叩かれまくったのに、南アフリカではベスト16にまで勝ち進めたのはまさにフロー経営によるものだと。

そう聞くと俄然興味がわいてきます。

天外さんの講義を受けられる天外塾というのがあるそうで、さっそく調べてみたところ……とんでもない受講料で泣く泣く断念。
とりあえず、天外さんの著書でフロー経営を学んでみようと思います。




posted by T.Futamura at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月22日

コンビニとテレビのない生活

先日、ある方(40代、女性、日用品小売店経営)と話していて、「1日3回はコンビニで買物をする」という話題が出ました。
それに対し私が「最近、コンビニに行ってませんねぇ。もう半年以上コンビニで買物してないです」と答えたら、とても驚かれてしまいました。その方にとってはコンビニは毎日暮らしていくうえで、なくてはならないものだということです。

たぶん、1日3回利用するのも、半年間まったく利用しないのも、どちらも極端なサンプルであることにはまちがいないでしょう。


その話題のついでに、「このひと月以上、私の好きなサッカー番組以外はまったく見ていないんですよぉ」と話したら、驚かれるというよりも引かれました。

コンビニもテレビも、現代の日本(の都市部)で暮らす人にとっては生活の一部とも言えるかもしれません。しかし、意外と「ないなら、ないでも済む」というのもこれまたひとつの事実なのかと……。


posted by T.Futamura at 21:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月25日

待ち遠しいiPad

日本ではまだあとひと月くらいは待たないといけないiPad。

先週くらいから、日本通信がSIM単独で販売するだとか(iPadには当初は対応しないらしい。お預け状態だ)、
http://www.j-com.co.jp/news/release/1008.html
http://twitter.com/bmobile_jci/status/10703598331

ソフトバンクから(も)Pocket Wifiが販売されるだとか、
http://mb.softbank.jp/mb/data_com/product/pocketwifi/c01hw/

周辺はiPadを意識した動きが出てきている。

明日(26日)くらいには、ドコモかソフトバンクから何か発表があってもいいように思うのですが……。

それにしても、iPadが待ち遠しい。



 
posted by T.Futamura at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月24日

「グーグルvs中国」の影で……従業員のモチベーションをあげる方法

国際政治問題にまでなったグーグルvs中国の戦い、大方の予想どおり、グーグルが中国本土から撤退ということになりました。この件に関して、グーグルが出したプレスリリースで、一番最後にとても感動する文章を見つけました。以下の文章です。

1月に中国における事業展開に関する発表をした後、Google の現地従業員は、不透明な状況やさまざま困難にも関わらず、中国の利用者や顧客へのサービス提供に尽力しており、私たちはその働きを誇らしく思っています。


 社外に対して、自社の従業員を誇りに思うなんて照れくさくてなかなか言いにくいことですよね。国民性のちがい、とだけ片付けず、見習えることもあるなぁ、と感じたりしました。グーグルの中国従業員はこの一文を読んで、喜ばないはずはないですからね。

http://googlejapan.blogspot.com/2010/03/blog-post_23.html

  



  
posted by T.Futamura at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月20日

引越しをしました

ブログがひと月以上放ったらかしになってしまいまして、申し訳ありません。

今月、引越しをしました。

引っ越した場所は名古屋市西区です。

私個人的にはあまり馴染みのない地域ではありますが、今は徐々に周辺環境をつかむべく(ランニングを兼ねて)近所を走っています。

以前より地下鉄の駅に近いので、フットワークよく動けます。

お近くにお越しの際にはご連絡ください。

posted by T.Futamura at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月30日

市場との対話

昨夜および今朝のニュースを見ると藤井財務大臣と亀井金融大臣が「私は〜〜〜〜なんて一言も言っていませんよ」と同じような言い回しで記者団の質問に答えていた。

藤井さんは為替について、亀井さんは中小企業向け融資のモラトリアムについてです。

どちらも、自身の発言の真意がうまく伝わらず、為替市場と株式市場を不安定にさせたことに対して、真意をうまく伝えられなかったマスコミに責任を負わせようとしているようしか見えませんでした(確かにマスコミにも責任はあると思いますケド)。

政権がかわったばかりで不慣れなのはわかりますが、このお二人は少々市場との対話があまりうまくはないようで不安です。もう少しご自身の立場をわきまえて発言してほしいなと思います。

posted by T.Futamura at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月18日

ネット証券の経営はやはりきびしい

今日ジョインベスト証券からメールが届きました。

親会社である野村證券と統合するとのお知らせです。

ジョインベスト証券ができた当初に口座を作った一人としては少々残念に感じます。

品揃えもサービスも悪くなかったのになぁ……。


投信スーパーセンターも日興コーディアル證券になったし(←これは遅かれ早かれそうなると大方が予想していたとは思いますが)、

先日、地場の丸八證券もネット取引事業はオリックス證券に引き継ぐことに決まったし、

それで、今日はジョインベスト證券です。


ネット証券の経営はたしかにきびしいんでしょう。
商品の差別化は難しく、「安さ」の競争に陥りやすいですからね。
ついこの間の楽天証券とSBI証券の値下げ合戦はまさにその典型です。

しかし、野村證券に統合されるということで、ついに私も、"ガリバー"野村證券の口座保有者となるのです。なんだか微妙な感覚です。



posted by T.Futamura at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月01日

新型インフルエンザのニュースで出てくる「基礎疾患」という言葉

新型インフルエンザのニュースで度々出てくる「基礎疾患」という言葉……私は医療に詳しい人間ではありませんので、「基礎疾患」の意味がわかりませんでした。

「基礎」も「疾患」も、それぞれの意味はだいたいわかっているつもりですが、「基礎疾患」となると、単に「基礎的な疾患」でもないだろうし……。

調べてみると、「基礎疾患」とは

基礎疾患(きそしっかん)とは、元になる病気の事をいう。例えば、高血圧や高脂血症のように他の病気、例えば「脳卒中」「狭心症」「心筋梗塞」「腎不全」などを引き起こす、元になる疾患を指す。
(「医学用語辞典」より)
http://www.medical-examination.com/dictionary/2007/10/post_62.html


だそうです。


テレビのニュースを少し気にして見ていると、大方のテレビ局が厚生労働省や保健所、医師が使う「基礎疾患」という言葉をそのまま使っているのに対し、日本テレビだけは「慢性的な病気」と翻訳して報道していました。

「基礎疾患」を「慢性的な病気」と翻訳するのが正しいのかどうか、行き過ぎた翻訳なのかは、わかりませんが、ニュースソースが使う言葉をそのまま流すのではなく、翻訳するプロセスも報道には必要なように思います(特に、新型インフルエンザのような万人が知るべきニュースの場合)。


私の仕事は報道ではなく(一番はじめに就いた仕事は、マスコミのハシクレではありました)経営コンサルタントですが、経営コンサルタントにも相手にわかってもらうために翻訳するのが必要なシーンって多いように思います。





相手がわかる言葉で話せる経営コンサルタントでありたいです。

posted by T.Futamura at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記