2012年01月02日

今年の判断指針(のひとつ)は、「それは自然なことかどうか」

あけましておめでとうございます。

年末に少し体調を崩し、帰省中は咳とくしゃみが止まらず、おとなしくしていました。




年末年始は、例年どおり、1年の振り返りと1年の構想を練る時間です。

今年もいろいろと考え、書き出しました。

ここでは全部は書きませんが、今年特に意識してみたいことをひとつあげるなら、

「それは自然なことかどうか」で自分の判断を下すということです。


自然なことと感じられたらYes、

自然なこととは感じられなければNo。


311の地震以降、自分のなかでこの指針が強くなってきていたのを自覚はしていましたが、

どこかで納得できていない面もありました。

今でもすべて納得できたわけではありませんが、自然なことだと感じられることなら是としてしまうプリミティブさがあるほうがまさに自然なことだと考えるようになりまして……。

今、冷静に考えると、メビウスの輪のような理屈です(笑)。熱っぽい頭で考えていたことなのでご容赦ください(汗)。



posted by T.Futamura at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52749957

この記事へのトラックバック