2011年09月12日

高校の英語の先生の言わんとしていたことが今になってようやく少しわかる

あるお方から、昨日●歳の誕生日を迎えた私に対して、
どんな1年間にするつもりなのか、とプレッシャーを
いただきまして……(笑)、
以下の内容を返信しました。
恥を忍んでここに公開してしまいます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
高校のとき、英語の先生が授業でこんな話をしていたことを
思い出しました。
たしか、チャップリンの自伝の一節が教科書に出てきたとき
のことです。

曰く、
「liveという単語は目的語を持たない自動詞にもなるし、
 目的語を伴って他動詞にもなる。
 この段落のなかでliveが何度が使われていますが、
 いずれも他動詞として使われています。
 みなさんも、将来自分の人生を振り返ったときに、
 他動詞のliveを使うような生き方をしてください」
……確かこんな内容です。

自動詞と他動詞は、よく習ったのが「横たわる」が自動詞、
「(〜〜)を横たえる」が他動詞、というものですね。

その英語の先生が言わんとしていたことが、
今になって少しだけわかるような気がしてきました(ようやく!)。

●歳の1年を、自動詞ではなく他動詞でliveしていきたいと
思います。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



しっかりと●歳の2日目を生きます。





posted by T.Futamura at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47867855

この記事へのトラックバック