2011年08月10日

キャプテンマークの受け渡し

キリンチャレンジカップ日本対韓国。

3-0で日本の勝利。
日本、いい動きでした。A代表に初招集の清武の2アシストが特にうれしいです。
韓国はパク・チソンが代表を引退して、攻撃の迫力がなくなったように感じました。


今日のゲーム、スタメンでキャプテンマークを巻いたのは、昨年のワールドカップのときからの長谷部でした。
後半20分、その長谷部が退くことで、キャプテンマークは遠藤に、
後半27分、今度は遠藤が家長と交代で、キャプテンマークは本田に受け渡されました。

私がサッカーのプレー以外で好きなのは、このキャプテンマークの受け渡しのシーン。

たいてい、キャプテンマークの重みも合わせて、渡す選手が受ける選手の腕に巻きます。

今日の1回目の受け渡しシーンはカメラが遠目にしか捉えていませんでしたが、2回目はばっちり。遠藤が本田の腕に巻いてあげていました!
きっとそのとき、選手たちは、「あとは頼んだ」なんて声をかけているのでしょう。


企業内でいうと、人事異動とか退職とかで、リーダーが交代するようなものかもしれません。


清々しく、かつ、美しいキャプテンマークの受け渡しをこれからも見たいものです。



posted by T.Futamura at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47303681

この記事へのトラックバック