2012年07月25日

【Mountain Lionリリース記念】Appleに復帰したJobsがThink different.キャンペーンを始めたときの社内向けメッセージ

AppleからMountain Lionがリリースされたようです。

それを記念して、ひとつAppleネタです。

Appleに復帰したJobsがThink different.キャンペーンを始めたときの社内向けメッセージの原文を教えてもらいました。


The most admired companies in the world have one thing in common: They stand for something.

The world can change, the market can change, their products can change - but their core belief remain the same.

Like Disney, Sony and Nike, Apple is a brand that is loved and respected around the world.

We like to think it's because we have soul.

Apple has never just been about making boxes to help people get their jobs done (though we're proud to do that well). We're about something more.

We believe that people with passion can change the world for the better. And we believe that creativity is the force that pushes the human race forward.

About a year ago, we took a long, hard look at the challenges facing Apple. We realized that to fight our way back, we 'd have to do two things better than we've ever done before:

Make computers that are strikingly innovative. And make it clear to the world (and to ourselves) what Apple stands for.



この文章を、英語教員免許をなぜか保持しているフタムラが訳したのがこれです。


世界中から最高の賛辞を浴びている企業には、共通点がひとつある。 彼らは何かを象徴しているいうことだ。

世界もマーケットは変わり得る。そして彼らの商品もまた、変わり得る。だがその核となる理念だけは、変わらない。

ディズニーやソニー、ナイキのように、アップルもまた世界中の人々から愛され、尊敬されている企業だ。
なぜ愛されるのか……それは私たちが「信念」を持っているからだろう。

アップルは、人々が仕事をうまくこなすためだけの箱を作ったことなどない(もちろん、そこにも誇りは持っているが)。
我々が目指すのは、もっとそれ以上の何か、だ。

私たちは信じている。
情熱を持っている人々こそが、世界をよりよくできることを。
私たちは信じている。
創造力こそが、人類を一歩先へと踏み出す力になることを。

1年前、私たちはアップルが直面した困難と向き合った。
そして、復活を果たすためには、2つのことをそれまでよりももっと推し進めていかなければならないと考えた。

1つは、ものすごく革新的なコンピュータを作ること。
そしてもう1つは、世界に(私たち自身にも)向けて、アップルが何を象徴する存在なのかをはっきりと示すことだ。



ちなみに、Mountain Lion、私はダウンロードしません。近々、インストールされたマシンを買う予定です。


posted by T.Futamura at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記