2011年09月22日

9/16(金)ライフネット生命出口社長講演会&懇親会のまとめ

9月16日(金)、ライフネット生命保険株式会社の出口社長が、あい創会(あいち産業振興機構の創業プラザあいちから起業した起業家グループ)の特別講演会に来てくださいました。

雨の降るあいにくの天気のなか、特別講演会には会場定員いっぱいの100人、その後の懇親会には70人もの方々が参加いただけました。懇親会は異様なほどの盛り上がりでした。

出口社長、皆さん、どうもありがとうございました。


ブログなどに投稿された当日の模様(二村が把握している分)を以下にリンクいたします。


男前社長!ライフネット生命出口治明氏
http://ameblo.jp/yutakakouichirou/entry-11020364104.html
さすが、すばらしい視点です!


ライフネット生命
http://ameblo.jp/sow-wood/entry-11020325605.html

懇親会で終始ニコニコしていた方です。


国語より算数。
http://ameblo.jp/abertojuku/entry-11020745144.html
「負けませんよ」「嬉しいねえ」のやりとりがいいですね。


LOVE☆ライフネット生命
http://ameblo.jp/office-rs/entry-11020339995.html
あい創会副会長として、特別講演会の司会をしっかりやってくださいましたね。


ライフネット生命出口社長講演
http://kosaka.main.jp/archives/2383
今回の特別講演会を最も楽しみにしていたのはこの方です(笑)。


ライフネット生命の社長様です。
http://ameblo.jp/d4u/entry-11024720720.html
あい創会副会長として、十分すぎる準備をしてくれた方です。


あい創会 ライフネット生命 出口治明社長公演
http://www.ustream.tv/recorded/17330586
Ustream配信で協力してくれた方です。


盛大な懇親会。久々の顔出しです。。。
http://ameblo.jp/color-lapislazuli/entry-11020322662.html
懇親会を盛りあげてくださいましたね。


ライフネット生命保険株式会社 出口治明氏
http://ameblo.jp/bonheurepas5/entry-11025406304.html
出口社長へのお土産として、オリジナルのブレンドティーを作ってくれた方です。
ライフネット生命の皆さま、人数分はあるはずですので、お飲みください。




追加があればお知らせください。
posted by T.Futamura at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月12日

高校の英語の先生の言わんとしていたことが今になってようやく少しわかる

あるお方から、昨日●歳の誕生日を迎えた私に対して、
どんな1年間にするつもりなのか、とプレッシャーを
いただきまして……(笑)、
以下の内容を返信しました。
恥を忍んでここに公開してしまいます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
高校のとき、英語の先生が授業でこんな話をしていたことを
思い出しました。
たしか、チャップリンの自伝の一節が教科書に出てきたとき
のことです。

曰く、
「liveという単語は目的語を持たない自動詞にもなるし、
 目的語を伴って他動詞にもなる。
 この段落のなかでliveが何度が使われていますが、
 いずれも他動詞として使われています。
 みなさんも、将来自分の人生を振り返ったときに、
 他動詞のliveを使うような生き方をしてください」
……確かこんな内容です。

自動詞と他動詞は、よく習ったのが「横たわる」が自動詞、
「(〜〜)を横たえる」が他動詞、というものですね。

その英語の先生が言わんとしていたことが、
今になって少しだけわかるような気がしてきました(ようやく!)。

●歳の1年を、自動詞ではなく他動詞でliveしていきたいと
思います。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



しっかりと●歳の2日目を生きます。





posted by T.Futamura at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月09日

プレゼン用スライドの作り方

最近、プレゼンテーション用のスライド作りについて
話したり、書いたりするようなリクエストが立て続けにありまして、
少し考えてみました。


(1)学生時代、保育園でアルバイトしていたとき、
子どもたちに絵本や紙芝居をしたこと、

(2)最初に勤めた絵本の出版社で、読み聞かせ用の
絵本作りに触れたこと、

(3)2番目に勤めた広告代理店で、パンフレットの
企画制作に死ぬほど触れたこと、

あたりが、私のスライド作りに影響しているのかな、と。


ヒトが未知のものごとを自然に理解する手順だとか、
伝えたいこと以外には気を取られない技法だとか、は
スライド作りのときに意識していることに
今日気づきました。


プレゼンテーションのスライド数は「分数÷3」というのが
理想だとよく聞きますが、
私の場合はこれをかなり逸脱し、60分のセミナーで
70〜80枚のスライドになることもしばしばです。
それだけスライド作りに手間がかかるわけですが、
どうしてもそういうやり方になってしまいます。


これからも突きつめていかざるを得ない、深いテーマです。






posted by T.Futamura at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月03日

決定と決断

文字面で解釈すれば、
決定は、決めて定める、
決断は、決めて断つ、
となるのでしょう。

小さなことでも大きなことでも、
ただ決定するだけでなくて、
決断することが必要な
世の中であり、時代であります。

何かを断つことも含めて、決める。


決めます。



posted by T.Futamura at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記