2011年06月30日

起業家におすすめの10冊

一昨日から偏頭痛に苦しんでおります。

不定期でやってくるこの偏頭痛とはもう10年以上のつきあいになります。

痛みのピーク時は「なんでこんな痛みを味わわなくてはいけないの」と我が身を恨みますが、
親からもらった身体ですから大切にしなくてはいけませんね。


さて、リハビリを兼ねて、先日の「あいち創業塾 基礎講座」でおまけとして紹介した「起業家におすすめの10冊」をこのブログにも載せておこうと思います。



『心を整える。』長谷部誠 幻冬舍
プロとしての意識やメンタリティは、起業家にもつながります。ビジネス書として読めます。



『わかりやすい「表現」の技術』藤沢晃治 講談社
起業準備中も起業してからも、あらゆる場面で「表現」していくことが求められます。そのための基礎的な考え方が、まさに「わかりやすく」書かれています。シリーズで「文章」「説明」「教え方」「図解コミュニケーション」などもあります。



『俺は、中小企業のおやじ』鈴木修 日本経済新聞出版
スズキの会長兼社長の本です。経営という仕事、経営者という役割が生々しく綴られています。



『察知力』中村俊輔 幻冬舍
長谷部の『心を整える。』が意識やメンタリティにフォーカスしているのに対し、こちらはより実践的な内容です。



『自分の会社をつくるということ』経沢香保子 ダイヤモンド社
トレンダーズという会社の経営者です。女性起業家として有名です。自身の起業に対する考え方と経験が書かれています。とても普遍的なものとして読めます。



『未来のスケッチ』遠藤功 あさ出版
副題は「経営で大切なことは旭山動物園にぜんぶある」。「現場力」シリーズで有名な著者が、旭山動物園を題材にして経営について書いています。小難しい理論はなく、読みやすく学べる一冊です。



『リストラなしの「年輪経営」』塚越寛 光文社
「かんてんぱぱ」で有名な伊那食品工業の経営者による一冊。目先のテクニックではなく、長期視点の経営の実践者の考え方はとても説得力があります。



『Q&A 心の子育て』河合隼雄 朝日新聞社
心理学者による子育てについての本ですが、今後起業家としてさまざまな人と会うときの心持ちにも共通する部分が多いです。また、オンとオフで迷いが出たときにもおすすめです。



『裸でも生きる』山口絵理子 講談社
25歳で「途上国発のブランドを作る」ためにマザーハウスの立ち上げた著者のノンフィクション。バングラディシュでの過酷さは読みごたえあり。続編もあり。



『「愚直」論』樋口泰行 ダイヤモンド社
著者は現在、マイクロソフトの日本法人の社長。MBAホルダーによくある華々しさはまったくなく、タイトルのとおり愚直に仕事をする姿勢は起業家にも学べる点が多いはずです。







posted by T.Futamura at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの書籍

2011年06月26日

目の前に一生懸命な人がいたら……

あるメルマガで、『五体不満足』の乙武さんの1歳半のお子さんが、
父である乙武さんがトイレに行くのを手伝うことが書かれていました。


お子さんが乙武さんのトイレを手伝うのは、
乙武さんに障害があるからというのが理由ではなく、
乙武さんの一生懸命な姿を見て、
手伝いたい、支えたいと思ったのではないか、というのです。


仮に、乙武さんに手足があって、一生懸命にならなくてもトイレに行けたら、
仮に、乙武さんにトイレに行くのに、一生懸命でなかったら、
お子さんは父のトイレを手伝おうとはしないのではないか、と。


乙武さんのお子さんだけでなく、
目の前に一生懸命な人がいたら、
力になりたいと感じるのはごくごく自然な心理だと思います。



posted by T.Futamura at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月19日

1年前の父の日の新聞広告「南アフリカの父へ」

今日は父の日。
1年前の父の日に、ある新聞広告が掲載されました。

1年前はワールドカップ南アフリカ大会の真っ最中です。
初戦のカメルーン戦に勝利し、第2戦のオランダ戦が行われる日の掲載です。

1年たった今読んでも、うるっときてしまうメッセージです。



南アフリカの父へ

お父さん、元気ですか。
ごはん、ちゃんと食べてますか? ちゃんと眠れてますか?
お父さんが岡田監督として難しい顔している姿、毎日テレビで見ています。
たいへんな時が続きますね。
私には想像もつかないようなプレッシャーと闘っているお父さん。
この間の試合の後、ますます厳しい顔をしているのを見て
お父さんらしいと思いました。
お父さんが誰よりも真剣にサッカーを考えていること。
サッカーを愛していること。
そして、覚悟を持って仕事をしていること。
私は知ってます。だから信じてます。
今日はいよいよオランダ戦ですね。
南アフリカのお父さんに 私たち家族ができることは少ないけれど
精一杯、応援しています。

いつもありがとう。
お父さんは、私の誇りです。

娘より




newspaperad.jpeg




posted by T.Futamura at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月11日

妹の誕生日に健康について考える

今日6月11日は妹の誕生日です。38歳。

妹は高校生のときにちょいとやっかいで、珍しい病気が判明して、それ以降、その病気とずっとつきあっています。
もう、妹の人生で、その病気とのつきあっている期間のほうが長いわけですね。


もう一人のきょうだいである姉も数年前に大きな病気になっていまして、親の心配は姉と妹に向かい、私は完全に忘れられた存在になりました(笑)。まぁ、私はというと、多少ガタがきていますが健康体ですので、親に感謝しなくてはなりません。


「男性は8の倍数の年齢、女性は7の倍数の年齢で身体に変化が訪れる」という養命酒(?)の宣伝が気になる今日この頃です。
……って私は今まさに8の倍数の年齢なんですけど。


posted by T.Futamura at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月10日

"De"materialization of happinessというフレーズが頭に浮かぶ

あの地震から明日で3ヶ月なんですね。

「もう3ヶ月」という感覚です

地震の前と後ではいろいろなことが変わりました。

物理的な変化はもちろん大きいのですが、愛知県で生活している私にはがれきの山を実際には目にしていないのであまり実感がないのも事実。
それで物理的な面よりも、むしろマインド面の変化を感じることが多いです。



先月のTEDxTokyoで枝廣淳子さんが言ってた"De"materialization of happiness(幸福の脱物質化とでも訳すのか?)というフレーズが、最近、何を考えるにしても頭に浮かんできます。





ビジネスの世界でも、価値観の変化が起きていて、しかもそれは一時的なものではなくて、というような話をよく聞きます。

この変化は大きな変化になるのでしょうね。



posted by T.Futamura at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月09日

某全国紙の記者の方の取材に立ち会う

お客様である中小企業が、某全国紙の取材を受けることになり、それに立ち会ってきました。

プレスリリースの内容、タイミングなどをいろいろと考えて実現したものです。ねらいどおりでした。

取材自体は1時間半ほどで無事に終了しました。記事にしてもらえる確約はなかったものの、おそらく来週か再来週くらいには載せてもらえると思います。

取材終了後、どうして取材してみようと思ったのかストレートに聞いてみました。

ここでは具体的な内容は伏せますが、プレスリリースのヒントをたくさん見つけられました。
忘れないうちに自分用の記録をしておきます。



posted by T.Futamura at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月05日

PDCAをまわすのなら人を巻き込むべし!

PDCAサイクル。マネジメントの基本ですね。

一人で事業を行っているある方がこの表を使ってこのPDCAをまわしています。
しかも、その表を毎週、私に送ってくれています。毎週です!

PDCAは長く続ける必要がありますね。
続けるために、私がおすすめしているのは人を巻き込むこと。

ダイエットでも仲間や報告する相手がいれば続けやすいはず。途中で挫折しそうになったとき、仲間や報告する相手の顔を思い浮かべて、なんとか続けようという気になりますもんね。

PDCAサイクルをまわすのも同じ。ひとりでコツコツやれる人はいいのですが、どんどん人を巻き込んだほうが効果が大きいと思います。

私は人を巻き込むのも得意ですが、人に巻き込まれる素質もあります。


posted by T.Futamura at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月01日

今月の3つの課題

月末の昨日、1ヶ月を振り返りました。

反省の多いひと月でした。

それを十分すぎるくらいに踏まえて、今月の課題を書き出してみました。


(1)(OnもOffも)力を入れすぎない技法を探索
サッカーにたとえると、ゴール前でどフリーなのに力を入れて蹴り、ふかしてしまうようなことがちょいちょいありまして、あえて力を抜く、というか力を入れすぎない技法が必要だと考えるようになりました。
これは数ヶ月かかりそうなので、まずはいろいろ探りはじめてみようと思っています。

(2)「足るを知る」の再確認
「足るを知る」はいろいろな意味で解釈されてもいるようですが、本来の意味ですね。あらためて「足るを知る」タイミングだと感じています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217453617


(3)"De"materialization of happiness を試す
先日のTEDxTokyoで枝廣淳子さんが示していた"De" generationのうちのひとつのトレンドから拝借。
この考え方を少しずつ試し始めます。

日本語 http://www.youtube.com/watch?v=iRvviYzBg0I&list=PL977B9CB686963FE3
英語 http://www.youtube.com/watch?v=y395J6W6i1E&list=PL93A035EB76EFE69C


新しい月の始まりの日の朝、こうして書き出してみるといい緊張感を維持できそうです。


posted by T.Futamura at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記