2011年05月31日

「生き甲斐は処した困難の大きさに比例する」

「生き甲斐は処した困難の大きさに比例する」


先週退任を発表した、ディーエヌエーの南場社長の古いインタビュー記事(日経ウーマンオンライン)のなかにあったフレーズです。

起業したての頃の南場社長に対して、父上殿からの手紙に書かれていたそうです。



日々さまざまな困難が私を試しにかかってきます。
何年後かに(あるいは、死ぬときに)、「あんなこともあったわなぁ……ガハハ」と笑って振り返られればいいんです。


今日も、生き甲斐を増やしますぞ。



posted by T.Futamura at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の反省