2011年05月29日

古い本を読み返す雨の日曜

朝、喉の痛みを感じて目が覚めました。
喉の痛みは、子どもの頃からの風邪のサイン。
熱っぽいので、外出予定を中止しておとなしく過ごすことに。

まぁ、体調がよくても、今日の雨だと外出をあきらめたかもしれませんが……。


で、書棚にある古い本を読み返すことにしました。
普段は読書というと、どうしても仕事(経営コンサルタントです、念のため)に関係する本になるわけですが、今日はあえてビジネス書以外という方針に決定。


1冊目 岡崎京子『リバーズ・エッジ』



はい、マンガです。私が読む唯一のマンガ(子どもの頃はたくさん読みましたよ)家、岡崎京の代表作ですね。
いつ、何度読んでも、イケてます。


2冊目 中村俊輔『察知力』



今はFマリノスにいる俊輔がセルティック所属時代に書いた本。
出版された当時、某専門学校で非常勤講師をしていて、生徒にすすめたらとても受けがよかった本です。


3冊目 山田詠美『ぼくは勉強ができない』



古い本です。山田詠美のなかでも珍しい少年小説。
私が最初に勤めた会社は絵本の出版社だったのですが、その当時、山田詠美に絵本の翻訳をしてもらう企画を出したものの、当然のごとくボツったたイタイ思い出があります。


……と、3冊を一気に読み返しました。
本屋さんではビジネス書コーナーには置かれない本ばかり。
しかし、どの本からも明日からの仕事に役立ちそうなヒントが見つかりました。

たまには、仕事に直接関係するビジネス書を離れるのもいいものです。




posted by T.Futamura at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの書籍