2011年05月22日

コンビニとテレビのない生活

先日、ある方(40代、女性、日用品小売店経営)と話していて、「1日3回はコンビニで買物をする」という話題が出ました。
それに対し私が「最近、コンビニに行ってませんねぇ。もう半年以上コンビニで買物してないです」と答えたら、とても驚かれてしまいました。その方にとってはコンビニは毎日暮らしていくうえで、なくてはならないものだということです。

たぶん、1日3回利用するのも、半年間まったく利用しないのも、どちらも極端なサンプルであることにはまちがいないでしょう。


その話題のついでに、「このひと月以上、私の好きなサッカー番組以外はまったく見ていないんですよぉ」と話したら、驚かれるというよりも引かれました。

コンビニもテレビも、現代の日本(の都市部)で暮らす人にとっては生活の一部とも言えるかもしれません。しかし、意外と「ないなら、ないでも済む」というのもこれまたひとつの事実なのかと……。


posted by T.Futamura at 21:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記