2009年10月13日

<読書記録>佐藤可士和『佐藤可士和の超整理術』

来月の引越し(←するのです、実は)に向けて、家の片付けを少しずつ始めています。

今の家に住んでちょうど10年になるのですが、この10年、まったく着なかった洋服だとか、見ることもなかった資料だとかがあまりにも多いことに我ながら呆れています。
この引越しを機に不用品はできるだけ処分することに決めました。

そんななか、読み返してみたのがこの本。
2年ほど前に出たとき、ざっくりと読みましたが、今回あらためて読み返してみると、共感・指示することがたくさんありました。

"捨てる"ことは、不安との闘い……でも、"捨てる"勇気が、価値観を研ぎ澄ます。

この言葉を胸に刻んで、今朝は、燃えるゴミを名古屋市指定45リットル袋で6袋分捨てました。今晩にはブックオフが段ボール12箱分の本を引き取りに来てもらい、明後日の地域の廃品回収日にも書類その他諸々を4束出す予定です。




posted by T.Futamura at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの書籍